「pre.emphasis」CD盤騒動の顛末(rippingで困惑の事態に・・・)(その2)

以下、前回の「表題(その1)」の続編です。

●「pre.emphasisの掛ったCD」、本当に厄介な話です。
「pre.emphasisの掛ったCD」を多数出しているDENON(日本コロムビア社)に高域帯の強調数値(db)をTEL照会したのですが、「回答できない。分かる担当部署が無い」という、ガッカリなお答えでした。
まあ、これほどのripping全盛時代になるとは予想していなかったのでしょうし、CDPで大人しく聴いている分には問題ない訳ですから。

●さりとて、愛聴CD盤をrippingしてPC&DACで聴くことが日常となり、また、再生ソフトによる音の違いを愉しむこともあったりして、この問題はどうにかするしかありません。
それに、私の場合、愛聴盤に占めるDENON盤の割合は大きく、放ってはおけないのです。
因みに、次の盤は「クロ」(「pre.emphasisの掛ったCD」)でした。

・イタリア合奏団のCD盤の全て
・スィトナーやブロムシュテト指揮の旧東独時代の盤
・インバル指揮フランクフルトRSOのマーラー
・アファナシェフ演奏のピアノ
・DENONから2002年以降に出たCREST1000シリーズも、かなりの盤が「クロ」でした。
・CD初期のCBSソニー盤(ワルター&コロンビアSOほか)にも「クロ」があります。

※以上は、アキュフェーズDP-560の「pre.emphasis検知機能」の信頼性は高いとの前提ですが、間違いはないと思います。

●ネットを彷徨っていると、この問題に関するブログや書き込みは結構多く、今迄に、次のような情報や知見を得ました。
(1)ripping時にde.emphasis(高域帯の強調を元に戻す機能)を有するソフトが幾つかあること。
(2)pre.emphasisのままrippingしてしまった音楽ファイルをde.emphasisしながら再生できるソフトもあること。
(3)pre.emphasisのままrippingしてしまった音楽ファイルを、ファイル毎にPC上でde.emphasis処理できるソフトがあること。
(4)rippingの際、EQ(イコライジング)できるソフトであれば、高域帯を一定の数値だけ減衰してrippingすることで、de.emphasisに近い効果は得られること。
(但し、この「一定の数値」は微妙ですし、PC上での減衰値設定は大まかになってしまいますから、コレは邪道かもしれません)
(5)rippingのソフトの中には、pre.emphasis盤の検知機能を有するものもあるが、その検知能力は低いこと。
(6)市販のDACの中には、de.emphasis機能を有するものもあること。

●「FOOBAR2000」は、de.emphasisしながらrippingできる!<上記(1)の事例>
皆さんご存知の無償再生ソフト「FOOBAR2000」は有難い存在ですが、rippingも可能で、多数のコンポーネントの中に「RIAA CD de.emphasis filter」があるのを発見しました。
アナログLPではなく、CDのためにRIAAが定めたemphasis規格があるということでしょうか。(ちょっと驚きです)
これをダウンロードしてプラグインすれば、de.emphasisしながらrippingできます。
このripping音源を、元のCD盤のCDP再生と比較試聴をしましたが、私の耳では全くといってよいほど劣化は感じませんでした。
画像

画像

他にも幾つかde.emphasisに対応できるソフトがありますが、現時点では、これが一番良いように思っています。

●「FOOBAR2000」は、de.emphasisしながら再生もできる!<上記(2)の事例>
これも有難い機能ですが「FOOBAR2000」には、PLAYBACK用のDSPコンポーネントにも「RIAA CD de.emphasis filter」あります。
これをダウンロードしてプラグインすれば、de.emphasisしながら再生ができます。
「pre.emphasisの掛ったCD」をそのままrippingしてしまった音源(周波数特性はハイ上がりのまま)があり、当該CD盤がもう手元に無いような場合、この機能を使えば、当該音源ファイルのままでも、適正な周波数特性の再生音が聴けるはずです。
手元に当該CD盤がある音源で、実際に試してみましたが、上記同様の比較試聴で劣化や不自然さは感じませんでした。
画像


この場合、下記画像のとおり、USB-DACの入力表示は「44.1khz、24bit」になっていますから、恐らく、FOOBAR2000では、de.emphasisが24bitで処理されていると思われます。
画像


また、新たな発見があったら「その3」を書くつもりですが、以下のURL(Philewebでの私の日記ほか)ではこの話題でかなり盛り上がっていて、有用情報もありそうです。

また、他の方もこの問題で詳細な日記を書いて下さっているので、ありがたいことです。
どうぞ、そちらもご覧ください。
http://community.phileweb.com/mypage/entry/4637/20190220/61828/
http://community.phileweb.com/mypage/entry/4253/20190220/61835/
http://community.phileweb.com/mypage/entry/2819/20190222/61845/
http://community.phileweb.com/mypage/entry/2819/20190224/61859/





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック