(敢行!)「CDリッピングファイルの再生音」と「元CD盤の再生音」の比較<INTONA社(独)USBアイソレータ(7054-X)試聴関連>

今回もオーディオ・ネタです。
「PCオーディオ」に嵌まって満5年ほどになりました。
その間に、次の変遷がありました。

・DACの変遷:
TEAC「UD-301」→ AccuphaseのCDP(「DP-560」)をUSB・DACとして使用 → SOULNOTE「D-2」(現)。    

・USBケーブルへの拘り:
アコースティックリヴァイブの信号・電源分離型「USB-1.0SPS」を採用。

・専用ノートPC関連:
メモリ増設(倍増)、HDDのSSD換装、Windows10の「(再)クリーンインストール」、電源設定等の見直し。

・再生ソフトの変遷:
「FOOBAR2000」、「AUDIOGATE」、「JPLAY」、「JPLAY・FEMTO」(現)

●(不満・課題)
以上の他にも細かい手直しを続けてきましたが、「CDのリッピング音源」については、次の不満・課題を抱えています。

・PCオーディオの再生音質は、(私なりの厳密な聴き比べでは)、元CD盤の再生音質に(僅かながら)劣る。(これを何とかしたい!)

●(経緯・背景)
・愛聴CDはどんどんリッピング(使用ソフト:「DBPOWERAMP」、非圧縮のWAV)して、スマホによるPC再生操作の快適さに浸かってしまうと、CDPによるCD盤再生は正直、億劫です。(随分と集めたSACD盤<ハイレゾ規格でのリッピング不能?>は、遊んでいます・・・)

また、着座したまま、スマホ操作で瞬時に音源(CDリッピング音源、ハイレゾ音源)の切り替えができるので、面倒なCD盤の再生(ケースから出して・入れて、トレイに載せて、出して、仕舞って・・・)には戻れません。

なお、私の場合、CD盤のライナーノーツはスキャンしたうえで、PCの音源フォルダ内に入れておき、閲覧アプリ(PC内ドキュメントにアクセスして開けるアプリ)を使って、曲を聴きながらスマホで読んでいます。
(近時、家庭用プリンターは、廉価品でもスキャン機能はとても充実・簡便なので助かります)

・それに音源サイトからDLした「ハイレゾ音源(DSF含む)」の素晴らしさは特筆ものですから、ウチでは、PCオーディオが「主役」です。

・因みに、同じ音源(オリジナルはハイレゾ録音)について、それを「SACD盤で聴いたときの音質」と、「DLしたハイレゾ音源をPCオーディオで聴いたときの音質」を比べると、後者が好ましいと感じます。
これは、ウチのプレーヤー(DP-560)に起因するのかも知れませんが、比較すると、SACD盤の再生音は少々「もっさりした」(上品な?)印象です。
とは言え、レーベルや個々のSACD盤により相違がありますから、これは大雑把な印象で、SACD盤の音が好ましく感じる場合もありました。

●(標記「USBアイソレータ」試聴までの経緯)
・先日、友人宅のPCオーディオシステムで、持参したCDリッピング音源を聴かせて頂きました。
これが、素晴らしく良いのです。
・元々、スピーカー、アンプ、DACなどはハイエンド級のお宅で、専用リスニングルーム(地下)の音響調整や、電源系、「オーディオ小物」にも拘りのある方ですから、とても魅力的な再生音です。

・先日、驚愕したのは、私が持参した「CDリッピング音源」と持参した「その元CD盤」の比較試聴でした。
その結果は、(私の耳では)、互角どころか、何と、「CDリッピング音源」に軍配が上がったのです!
これは、上記の私の認識とは真逆です。

・その友人は、普段CDトランスポートとDAC(共にエソテリックのハイエンド級)によるCD盤、SACD盤再生が基本の方ですが、
以前からPCオーディオ装置・ソフト一式も保持はされていて、私(PCオーディオ派)のために、訪問の2週間ほど前からPCオーディオ装置を整えて下さっていたのです。(感謝!、感謝!)
従前の経験からして、上記の軍配は「そんなハズはないだろう」と思いましたし、自分の耳に然程自信があるわけではありません。
それに、急遽、PCオーディオ装置を調整頂いた中で、何かご無理というか、普段とは違う結線などがあって、CD盤の再生が必ずしもベストセッティングではなかった可能性もあります。

・友人宅のPCオーディオ装置の内訳は、専用ノートPCと上記DAC(エソテリックのハイエンド級)を繋ぎ、PC再生ソフトは「Music Center for PC」でした。
そして、注目だったのは、その接続の中間に、「USBアイソレータ」(JCATブランド)が介在していることでした。
それは私には初見の製品で、ネットで調べたところ、「JCAT」は、現在世界中で高評価の再生ソフト「JPLAY・FEMTO」(ポーランド発のソフトで、私も愛用)の製品系のブランドでした。
実のところ、JCATのUSBアイソレータは、標記INTONA社(独)からOEM供給を受けている由で、JCAT品とINTONA品の回路・基板等は全く同一。
躯体デザイン・材質やパイロットランプの有無などを除き、両者に相違はないようですが、躯体デザイン、金属製躯体などのシールド性はJCATが勝っているように思います。

・「PCオーディオにおいて、USBアイソレータは必須」といった書き込みは散見していましたが、冒頭に記したアコースティックリヴァイブの信号・電源分離型ケーブル「USB-1.0SPS」(音質改善効果大)を採用したこともあって、私の関心は薄いままでした。
でも、友人宅での上記衝撃(軍配)から、このUSBアイソレータに俄然関心が湧いてきました。

それに、このUSBアイソレータは、従前のUSBアイソレータとは原理的に異なり、PCからの信号系、電源系の分離をしたうえで、音源データは本体内で再構築(DSP処理?)しているようです。
また、対応するハイレゾ音源のスペックも広く、高サンプリングのPCM音源、dsf系音源も問題がないようです。

・そんな訳で、標記アイソレータを国内指定店様から貸し出して頂いた次第です。7054_01.jpg
早速、ウチの専用ノートPCとDACの間にコレを挟み込みました。
この場合、USBケーブル(端子A、端子Bのオス型)が2本(!)必要になりますが、それだけノイズを拾うリスクが増大してしまいます。
今回の試聴のために高価なUSBケーブルを新調するわけにもいかないので、PC(Host)との接続は、上記のアコースティックリヴァイブの「USB-1.0SPS」を流用。
DAC(Device)との接続は、敢えてUSBケーブルは避けて、画像のようなA端子(オス)・B端子(オス)のアダプター(手持ち)を用いてDACに「直付け」としました。(ケーブル2本接続との聴き比べもしましたが、「直付け」が好印象)



IMG_20190926_095224-2.jpg

IMG_20190926_095143.jpg

「変換名人」製 USB A B オス アダプタ4571284887947.jpg

●(敢行!「CDリッピングファイルの再生音」と「元CD盤の再生音」の瞬時切り替え比較)

上記のUSBアイソレータのセッティングもできたので、早速、標記比較を敢行しました。
なお、当然ながら、PCリッピング音源、その元CD盤の再生、どちらも同一のDAC(SOULNOTE「D-2」)で行い、それより下流の機器(プリ、パワー、スピーカー)は全く同一です。(勿論、リスニングポイントも固定しました)

PC系は同DACのUSB入力へ繋ぎ、元CD盤はCDP(DP-560)のデジタル出力(同軸)を同DACの同軸(デジタル)入力に繋ぎました。
ですので、「瞬時切替」とは言っても、「離席、DACの入力切替(SOULNOTE「D-2」にリモコン無し)、再着座、スマホかCDPリモコンで再生開始」のためには10秒弱くらい掛かりました。
でも、この程度の「空き時間」なら、厳密な比較試聴に支障はなかったと思います。

因みに、音源や入力系が異なる比較試聴の場合、再生音量が違ってしまうと印象が変ってしまい厳密な比較試聴とは言えなくなります。
アンプのボリュームでこうした音量差を調整して比較試聴するのは避けたいところですが、幸い、上記の接続で、DACからの出力音量には相違がなかった(プリの音量レベルはずっと同じままでOKだった)ので、助かりました。

以下、その詳細です。
・今回の比較に使った元CD盤:
「フレーニ/ヴェルディ&プッチーニ:オペラ・アリア集 」
813L7JAarGL__SL1500_.jpg
・長年の愛聴盤で、私の比較試聴では欠かせない盤です。

・下記は今回の比較試聴での主なチェックポイントです。
(記)
※人の歌声は微妙・絶妙なうえ、細かなニュアンスや、実体感(「口が見えるほどの実体感」と人は言う)、音場感や空気感なども比較対象として好適。
※そのうえ、オケ(シノーポリ指揮/フィルハーモニア管)が実に上手くて、この録音は広大な音場、Dレンジとも素晴らしいので、好適。
※今回、集中して比較試聴したのは、ヴェルディ:「オテロ」終幕の美しくも哀しい「アヴェ・マリア」。
この曲の冒頭、実に静謐な弦の和音が美しく広がるが、ここがまずチェックポイント。
その広がり具合、空気感、奥行感、弦のしっとり感、高弦の艶などがどう聴こえるか。
※小さく「唸る」こと多かった故シノーポリの微かな唸り声が、どれほどの実体感を伴って聴こえるかもポイント。

※そして真打は、フレーニの歌声。
小ぶりで響きの良いホールの2階正面・最前列(歌手とは近距離)で聴くイメージをどこまで構築できるかが第一ポイント。
(歌手は舞台でほぼ直立したまま、リサイタル的に歌う<オペラ曲だが、演技的移動は無し>)
あたかもそこに「彼女が居る」感じがどれほどリアルに迫ってくるか。
絶唱(声を張り上げたとき)の、歪感の少なさ。(歪感とは無縁の「生聴き」にどれだけ近づけたか)

・比較試聴の結果:
さて、結論を先に言うと、軍配はとても難しかったです。
でも、従前の認識(「PCオーディオの再生音質は、元CD盤の再生音質に(僅かながら)劣る」)は、かなり揺らぎました。
漫然と聴いていたら、違いが全く判別できないレベルです。
やはり、このUSBアイソレータが、PCオーディオの再生音質の改善に寄与していると断言して良いでしょう。

なお、愛用の再生ソフト(JPLAY・FEMTO)は、PC上で種々の設定が出来るのですが、DAC(SOULNOTE「D-2」)と相性が抜群なので、
最高音質設定でも難なく安定再生ができます。
今回、USBアイソレータを介在させることで、この安定再生に支障が出ることを懸念しましたが、杞憂でした。

今回の試聴では、再生ソフト「JPLAY・FEMTOの音」と、CDP(アキュのDP-560のトランスポート部分)の「音作り」の差があって当然だったかも知れませんが、そこは顕在化していない印象でした。

従前は、PCオーディオの再生をした直後に、その元CD盤を再生すると、「ヤッパリ、CD盤の再生音はイイなー。こっちが一枚上手だな・・・」と感じていましたが、今回はそれが殆ど無かった印象です。

以上、長々と書きましたが、コメント(辛口歓迎)など頂戴できれば幸いです。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • なべ

    久しぶりのオーディオネタですね。
    intonaのアイソレータ、基板の写真を見ると確かに構造が二つに分離しており、両者の間をチップで橋渡ししています。これを見てマランツのSACDが浮かびました。マランツはトランスによるアイソレーションでPCなどからのノイズを断ち切っていたと記憶しています。製品が出た時はMJの評論家達は絶賛でした。この商品の場合はどのようにしているのか、英文なのでさっぱりわかりませんが。見てくれは安っぽいですが、凄い性能なのですね。
    さて、なべさんちも、ずっと前の記事ですが(ハイレゾを始めたばかりの時のミュンシュ幻想による実験)、ティアックのDACで16bitに変換したハイレゾからのデータと、音楽CDに焼いた比較をしました。何かCDの音は滑らか過ぎて変に感じました。CDプレーヤーとしての規格に問題があり、16bit、44.1kHというフォーマットが左程悪いもんじゃない、と感じました。原理的にはデータ再生の方が良いと思いますよ。
    なお、昔から言われている20kHzで頭打ちでは高周波が不足であると言うのは少々怪しいし(高域のアナログ再現性に問題があるというのなら分かりますが)、エラー訂正で音が変わるというのも、実際のところ、マニアのディスクは綺麗なのでエラーは生じていないとのことです。 ではまた、なべさんより・・・・
    2019年09月29日 23:32
  • シェルティのパパ

    なべさん
    懇切なコメント、ありがとうございます。
    なべさんのブログ(ミュンシュ指揮「幻想」<EMI>の音源比較テスト)の記事は確か2014年でしたよね。
    ●確かに、「CD盤の再生音」より「そのリッピングデータの再生音」が「劣る」という私の感想は、様々な「ウチの事情」が絡んでいるのかもしれませんね。
    ●上記拙ブログの記事ではINTONA社の「7054-X」を試聴して好印象でしたが、その躯体が結構大きいのです(ご覧のとおり「弁当箱」みたい)。
    なので、DAC背面にこれを「直付け」してしまうと、背面に2つある同軸系入力(アキュのCDPのデジタル出力と繋ぐ)が双方隠れてしまいます。
    ●ノイズ対策上「直付け」には拘りたいので、一回り以上躯体がコンパクトなJCAT品(7054-Xと同基板だし、愛用のJPLAYの製品ブランド)を考えています。
    あれこれ採寸してみたら、JCAT品なら、背面の同軸端子は1つだけは顔を出してくれそうです。
    2019年10月02日 13:12